<2021年>子供向け歯磨き剤一覧

お子様に使う歯磨き粉でお悩みの親御さんに向けて

参考になればと思い今回は上の画像を掲載しました。

年齢に応じた歯磨き粉の使用量と歯磨き粉の一覧になります。

特に注目していただきたいのはフッ素濃度(単位はppm)です。

 

☆ぶくぶくうがいの出来ない3歳以下のお子様は500ppm

☆しっかりぶくぶくうがいの出来るお子様は予防効果の高い900〜1000ppm

を選ぶと良いでしょう。

ちなみに当院でもっともお勧めしてるのはL8020菌配合の歯磨きジェルです。

過去にもブログを公開していますので以下もあわせてご一読ください。

乳児用歯磨剤

小児用歯磨き粉

L8020歯磨剤

 

 

 

 

日本口腔保健協会の歯科検診実施中

当院は、去年から日本口腔保健協会の委託を受け

施設型歯科検診の実施機関となっています。

検査項目は

①歯科検診

②ワンポイント口腔衛生指導

となっています。

所要時間が10分ほどです。

検診の結果、レントゲンや歯のクリーニング、治療が必要な方は

窓口負担金が発生いたしますのでご注意ください。

https://jfohp.or.jp/oh_program/index.html

すでに多くのご予約のお電話をいただいておりますので

ご希望の方はお早めにご予約をお取りください。

 

日本口腔保健協会 契約事業所一覧

 

 

ハブラシをご持参ください

検診の時やクリーニングの時に

今現在お使いの歯ブラシやフロス、

歯間ブラシなどの清掃道具を持ってきていただきますと

本当に自分に合っているのかを歯科医師または歯科衛生士がチェックいたします。

100人いれば100通りの歯並び、歯茎の質があります。

案外、自分に合っていない歯ブラシを使用している方は多いものです。

また、ハブラシ指導の際は

消毒した歯科医院の歯ブラシを使って

指導している病院も多いのですが、

当院では、持参したハブラシか

購入して頂いております。

このご時世ですので、滅菌処理できないものは

ディスポーザブルにしていますので

安心して受診していただけます。

あらためてマスク着用のお願い

 

歯医者さんでは、お口の中を診るのでマスクを外してもらわなければ

いけない特殊な状況です。

仕方のないことですが、患者さんもスタッフも感染リスクが上がってしまいます。

当院では、少なくとも待合室や問診をとっている時、

説明を受けている時、お会計をする時は

できる限りマスク着用をお願いしています。

治療中にマスクを外すときは、

その辺に直接置かないで

当院で配布するマスクケースや

ご自身のマスクケースへ保管していただき、

すぐにマスクができるように

お手元にお持ちください。

新型コロナウイルス流行の第五波が徐々に収まろうとしているようですが

まだまだ油断大敵な日々が続きそうですね。

 

 

 

 

天井の色が変わりました

気づいた方が、どれほどいるか分かりませんが

この連休でひそかに天井の色を変えました。

歯医者さんは椅子を倒して治療するので

天井の清潔さも大事なのです。

特に、築地は車の排気ガスの量が多いので

どうしても壁紙が黒くなりがちです。

今回は、別部歯科のロゴに合わせてブルーにしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯ぎしり

新型コロナを機に仕事や私生活を含めた生活スタイルがガラリと変わった昨今ですがやはり皆さんそれぞれにストレスを抱えてらっしゃるなぁと最近よく感じます。

その理由の1つとして歯ぎしりや食いしばりが原因とした歯の痛みで来院される患者さんが以前よりも増えたからです。

歯ぎしりやくいしばり自体は全ての方が少なからずしているものですがその頻度や噛みしめの力が強くなってくると歯や顎周りの痛みに繋がってきます。

もちろんそれだけが原因ではありませんが特に神経を抜いた歯がある方は自分の噛み締める力で破折する事も多々あります。

この1カ月の間にはの破折で抜歯を余儀なくされた方を沢山見てきた事からも歯ぎしりやくいしばりを指摘された方は自分の歯を守るためにもマウスピースの使用を検討されては、、、と思います。

歯ぎしり用のマウスピースは保険適用のため心配な方はぜひご相談下さい。

 

中央区8020達成者表彰

あっという間に9月となり、今年も中央区の8020達成者表彰の時期がやってきました。

ご存知の方も多いかも知れませんが8020というのは

80歳で20本以上の自分の歯を保っている方のことをいいます。

自分の歯を健康に保っていると何でも美味しく食べる事もでき、

噛むという行為は脳への刺激となり物忘れの防止となります。

当院でも毎年2名以上の表彰者がいらっしゃいます。

☆対象者は80歳で20本以上の歯を保有している方(過去に8020達成者表象された方を除きます)。

☆審査期間は2021/9/1〜2021/9/15

対象者の方は上記期間での審査が必要な為、

ご希望の方はご予約の際に8020の審査希望とお伝えください。

また区の無料歯科検診の用紙をお持ちの方は、一緒にご持参ください。

03-3542-3781 別部(べっぷ)歯科診療所

 

 

 

 

【表彰】よい歯のすこやか家族

 

中央区には『よい歯のすこやか家族』という賞があります。

令和3年度は

平成29年4月から平成30年3月までの間に生まれた子どもとその同居の家族

が対象でした。

5月14日(金曜日)から21日(金曜日)に審査が行われ

本当は表彰式があるのですが、新型コロナの影響で中止。

去年に引き続き今年も表彰者に賞状と記念品が送られました。

当院からは毎年2〜3人の推薦をしておりますので

来年の対象者の方は是非チャレンジしてください。

 

むしば発生の原因ランキングが発表されました

 

先日、AIがむし歯に影響する行動要因ランキングを

発表しました。

結果は

1位:両親のむし歯の有無

2位:子供の頃の歯磨き回数

3位:甘い食べ物を食べる回数

4位:甘い飲み物を飲む回数

 

でした。

実際に子供と親の口腔内細菌分類は類似しているのです。

むし歯は知っての通り感染症です。

どこから一番感染するのか。

その大半は紛れもなく「親の口移し」からです。

無菌の赤ちゃんのお口を

親の口に入った箸やスプーンなどで感染させます。

親の口の中にむし歯菌が大量にいれば

そのまま赤ちゃんの口の中に定着してしまいます。

 

公園でもよく子供と親が同じペットボトルで飲み物を飲んでいたり

レストランで自分の箸でご飯を子供に分け与えている風景を見かけます。

そんな時、私は心の中で「やめてー」と叫んでいます。

少なくとも3歳までは口移しを控えることが、

お子様のためになりますので

面倒でも別々のお皿、箸、コップにしましょう。

当院は夏季休診を終え、本日より通常診療を開始いたしました。

夏季休診のお知らせ

暑いですねぇ。

緊急事態宣言中ですので外出もできず

エアコンの電気代も馬鹿になりません、

別部歯科診療所は以下の日程で夏季休診を実施いたします。

2021年8月11日(水)〜2021年8月15日(日)

9日、10日は通常通り診療いたしますので

よろしくお願いいたします。